無菌隔離室ってこんなところ

スポンサーリンク

前処置が始まってから骨髄移植後血球が回復するまでの1ヶ月間、無菌隔離室で過ごしていました。「無菌室」「クリーンルーム」など病院によって呼び方や無菌管理のされ方は様々だと思いますが、私が入院していた病院についてご紹介します。

個室の引き戸を開けると…

ジャーン!中にまたドアがあり、二重の扉で守られていることが分かります。この入り口スペースに洗面台があり、右手にこの部屋専用のお手洗いとシャワールームがあります。

ドアを開けると…

6畳ほどの部屋。ベッドには除菌された空気の出る大きなサーキュレーターがついていて、白血球が少ない間は安全なビニール製の屋根の下で過ごします。左の椅子のように見えるものは、付き添い家族用の折りたたみ簡易ベッド。

窓から見える景色。はめ殺し型の窓になっているため外の空気を吸えないので、雲が流れていくのをじっと眺めていました。

以上、無菌隔離室の間取りはこんな感でした~!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る