26.抗がん剤2クール目

スポンサーリンク

抗がん剤の合間の1週間、家族やお見舞いに来てくれた友人と楽しく過ごした。治療のことを忘れ、気持ちをリフレッシュできた!

前回受けた抗がん剤と同じCHOP療法をもう1クール受けることに!1回目で体が抗がん剤に慣れたからか、前回より比較的体は楽だった。それでも吐き気や神経痛はあったけど、1度経験している分、怖さはそこまでなかった。

一方で、刻一刻と近付いてくる骨髄移植の日…。このCHOP療法が終わるということは、ついに本番の骨髄移植が始まることを意味する。具体的にスケジュールが決まり「あぁ、私本当に受けるんだぁ。」と現実味が増すごとにその恐怖心は大きくなっていった。

ずっと病室にこもっていては気が滅入ってしまい、良いものも悪く考えてしまうので、気分転換に母が車椅子を押して病院の庭園に連れて行ってくれた。いつの間にか外の空気がすっかり涼しくなっていて、風に混じるにおいで秋の訪れを感じた。

これからどんどん寒くなって、冬になっていくんだなぁ。季節の移り変わりを感じながら、温かいお茶とおせんべい持参で外でプチお茶会。

季節の変化を感じられることも、大好きな家族と一緒に過ごせることにも底知れなく幸せを感じた。普通の日常がこんなに幸せだったなんて知らなかったな。ボーッとしてたら蚊に刺されてしまったので、母が慌てていた。気を付けないと笑。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る