車椅子に乗って新幹線でGO

スポンサーリンク

先日、初めて車椅子で新幹線に乗ったので、その時のことをレポートにしてみました!

ネットで調べてみると、どうやら車椅子でも新幹線に乗車できるみたいだけど、全く初めてなので何をどうすればいいのか検討もつかない…。

なのでまずは最寄りのJRの駅に聞きに行ってみることに!すると駅員さんも初めてのことらしく、あたふたあたふた…。

結局、隣駅まで行って券を購入することができました。乗車駅から降車する駅までの乗り換えルートと時間を伝え、当日電車の出発時間の少し前に駅に来てください、と言われました。

目的駅までのルートはこんな感じです。

最寄駅から在来線で新幹線の駅まで行く

乗り換えて数駅新幹線で移動

在来線に乗り換えて目的地へ

指定券。ちゃんと車椅子席のマークが付いてる!

では、出発進行~!

当日指定された時間に改札に行き、スロープを持った駅員さんとホームに移動。

「券を購入していただいた時にもう降車する駅まで連絡が行っているので、乗り換えの際は改札でお声がけいただければスムーズにご案内できます~!」とのことで、安心しました。

このように乗車の際にスロープを出してくださいます。

駅間で時々連絡ミスが起こるらしく、万が一の時に車掌さんに対応してもらえるようにするため、最後尾で案内することが多いそうです。

降車の時も駅員さんがドアの前で待っていてスロープを出してくださいます。

駅に着いたら新幹線に乗り換え!

新幹線も同じようにスロープを出してくださいます。

車椅子対応車両ではこのようになっていて…

座席の横に車椅子をつけます。

新幹線に乗ってすぐ、車掌さんが来て「個室でなくても大丈夫ですか?」と声をかけてくださいました。(別の日に個室に乗車したレポートが下に載せてあります~!)

そして車両を出てすぐのところに多目的トイレがあるので便利!

車椅子でも十分に使える広さでした!

次に新幹線を降り、在来線に乗り換えて…

無事、目的の駅に到着しましたーーー!

個室の利用

また別の日、車椅子で新幹線の多目的室(個室)を利用しました!券の形が細長い…!

乗ったのはのぞみ700系です。

多目的室はこちら。駅員さんが鍵を開けてくださいます。

中はこんな感じ!2人がけのシートと折り畳みの椅子が一脚ありました。(椅子は写真に映ってないけど)

そしてこのシート、なんとベッドにすることが出来るんです!私は手術したばかりで、足が痛んでしんどかったためベッドで横にならせてもらいました。

横になって窓から流れ行く雲をボーッと眺めていました。なんて快適なんでしょうか…!

中に人がいる時は「在室」のランプが点灯し、外から人は入ることが出来なくなります。

しかも多目的トイレは目の前!利用者への配慮が感じられる、有り難い作りでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る