ソックスエイドの作り方

スポンサーリンク

術後しばらくは自分で靴下を履くのが難しくなります。そんな時、役立つのがソックスエイド!ソックスエイドがあれば自力で靴下を履くことができます。退院する時、理学療法士の先生からソックスエイドの型紙を頂きました。

多分こちらと同じものだと思います。西日本新聞「かがまず靴下はける 手作り「自助具」で不便解消」

早速この型紙でソックスエイドを作ってみました!

最初にクリアファイルで作ってみましたが、柔らかすぎて上手くいかなかったので・・・

厚紙でやり直しました笑。

穴を開けて紐を通して完成です!

ソックスエイドの使い方

このように靴下をソックスエイドに装着します。

それをつま先にかぶせます。

紐を引っ張りぬきます。

するとこのような状態になるので、仕上げはマジックハンドで上に引っ張ればOKです!

ソックスエイドのことを知らなかった頃は、一人で汗だくになりながら靴下と格闘したり、看護師さんにお願いしたりしてましたが、これで簡単に靴下を履く事ができます!

ちなみに、マジックハンドはダイソーのこれがめちゃくちゃ優秀でした!


先端の物を挟むところにゴムが付いていて、なんとお箸やブドウの種だってつかむことができます!(実際にやった) そして写真のような爪が付いているのでベッドの柵や机に引っ掛けられます。このクオリティで100円なのが凄い!ダイソーさん、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る