松葉杖カバーの作り方

スポンサーリンク

骨頭壊死が悪化するに従って、T字の杖では歩行時の痛みに耐えられず、松葉杖を使うようになりました。

しかし長時間使っていると脇の下辺りが痛くなってくるんですよね…。そこで!松葉杖カバーを作ってみることにしました!

こちらのサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございます。時には午後の日だまり | 松葉杖カバーの作り方 ~松葉杖上部編~

材料・・・全て100均のダイソーで購入

・ソフトタブレットケース

お持ちの松葉杖の幅に合わせて選んでください!

・スポンジ

脇に挟んだ時に丁度いい弾力があるものを探した結果、こちらになりました。

・スポンジと松葉杖を巻いて固定させるテープ

これはベタベタの粘着が残らない割に、これだけでくっついて止まってくれたので良かったです。

この3つを一点ずつ買うだけで左右分作れます!

作り方

まずソフトタブレットケースのファスナーを繋いでいる糸をはさみで切り離し、分解します。

端の部分は豪快に切ってしまってOKです。

ファスナーを外すとこの状態。赤線のところをはさみで切ります。

切った後のタブレットケースを裏返し、青線の端のところを針と糸で縫います。裏返すのは表に縫い糸が出ないようにするためです。

次にスポンジの作業に移ります。赤線のところをはさみで切断します。

青い布を剥ぐとこの状態。松葉杖の幅に合わせてスポンジを切ります。

松葉杖上部にスポンジを乗せて、テープでグルグル巻きにして固定します。1ロールで2つ分必要なので予めテープは真ん中で切って2つにしておいてください。

表にひっくり返したタブレットケースをかぶせます。

これだけだと脇にあたった時に不安定になるので、口の部分を内側に入れ込んでマジックテープなどで固定してもいいと思います。

私は面倒くさかったので笑、糸で縫って固定しました。

こうしてカバーをしたことで脇の下が痛くなることはなくなり、快適に松葉杖を使えるようになりました(^^♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る