6.理学療法士の先生からのアドバイス

スポンサーリンク

理学療法士の先生から色々なためになる話を教わったので載せてみます!大変勉強になりました。

•人工関節を入れた方の足は骨格の関係で少し伸びることになるけれど、それに合わせて筋肉や腱などの組織が引き伸ばされるので足の付け根が痛みや疲労を感じやすくなってる。でも時間をかけて馴染んでいくから心配いらないよ!
•リハビリをしてると筋肉痛になる患者さんが多いけれど、それは手術でこれまで使えてなかった筋肉を使えるようになった良い兆候!術後は歩くと筋肉が張って、次第に戻って、また張って…というのを繰り返して徐々に筋肉がついていく。
•これから徐々に歩けるようになって、しばらくしたら杖もいらなくなるけど、無理して杖なしで歩かない方がいい。筋肉量が少ない人は筋肉で支えきれない分、人工関節に負担がかかってしまうから。人工関節を長持ちさせるためにも、無理はせずしばらく外出の時は折りたたみの杖を入れておくと良いね!
•ヒールのある靴を履いてもOK!ある程度の高さであれば大丈夫!
•リハビリを頑張りすぎて、次の日筋肉痛で動けない…ということのないように!疲労感があるなーと感じる程度で止めておくこと!
•傷口が塞がってきたら毎日マッサージしてあげると良い。放っておくと傷の部分の皮膚が固くなってしまうので、傷の周辺の皮膚を指で優しく揉みほぐしてあげて。その時に皮膚が赤黒く変色してないかとか、熱持ってないかとかチェックしてあげると良いよ。
•手術から1ヶ月で神経の数が増えて、そこからまた1、2ヶ月かけて筋肉がついてくるよ。
•筋トレ、トレーニングマシン、ストレッチは股関節の角度に気を付けて違和感なく出来ればしてもOK。自分の股関節と相談しながらゆっくりやって、違和感のサインが出た時に直ちに止められる速度ですること!
•術後気を付けないといけないのが転倒、脱臼、緩みの3つ。緩みというのは人工関節が骨との間に緩みが出ることで、違和感ある状態を放置していたり、逆に全く動かなくて筋肉が痩せた時に起きやすいので注意!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る