29.無菌隔離室へGO

スポンサーリンク

骨髄移植の4日前に個室に移動になった。個室の中にシャワーもトイレも付いているので、最低でも1ヶ月間はここから出ることはない。

窓はついているが、はめ殺しのタイプなので内側から開けられないようになっていて、当然外の空気は吸えない。そりゃそうだよね、菌とかウイルスとか吸ったら大変だもんな。

個室はこんな感じ!

【参照】無菌隔離室ってこんなところ

日が進むにつれ薬が増えて徐々に辛くなってきたが、骨髄移植の前日から突如来た。

一気にドーーーーーーーン!とキツくなった。これまでの辛さと比較にならないくらい。13日、14日投与のラスボス級の薬、大量アルケラン&エトポシドの影響だろう。吐き気がかなり強く、ひたすら船の中で激しく揺さぶられているような感覚。会話するのもしんどい。意識が混濁しているってこんな感じのことを言うんだろうか?頭にずっとモヤがかかっているような…意識がハッキリしない。自分が今寝てるのか起きてるのかもよくわからない感じだった。とにかく体の中から力が全く湧いてこなくて、体が空っぽの容器のように感じられた。死ぬ前ってこんな感じなのかなぁ、とぼーっと考えていた。

食事が出来ないので、高カロリーの点滴が始まった。でもカテーテルを通して伝わる点滴の味が甘ったるくて更に吐き気が増した。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る